Premium

オリジナル・ワーク

(料金)60分・15,000円

 

Aythaがつながることのできるエネルギーにより根深い問題にフォーカスするオリジナル・ワークです。現在準備中のワークはこちらになります。

【アダマンタイン・ライト・ニュートリション】

 

 

 

Adamantine Light Nutrition

アダマンタイン・ライト・ニュートリション

【アダマンタイン粒子の滋養】

魂レベルの自己に気づき近づいていく

それは二元性に基づいた戦いの場を越えて行くこと

 

 

Arganzaのプロのヒーラーを目指すための講座である「星巫女専科」受講中に生まれたワークです。

 

生徒同士で遠隔ヒーリングを送り合い、お互いにモニタリングするという課題があるのですが、その中で度々目にするビジョンがありました。それは、最後に受け手の方が光のピラミッドの中に入っていき、眩しく輝く太陽のようなゴールドの光線をたっぷりと浴びてエネルギーチャージが行われるという光景でした。

 

この光線は一体何だろうか?とワーク中に感じたことを基にして調べてみたところ、光の強さや滋養するという性質から、銀河の中心であるグレート・セントラル・サンから放射されている「アダマンタイン粒子」がそれに近いようです。

 

「アダマンタイン粒子」とはロナ・ハーマンによると、最高創造主のハートの核心から来る純粋な生命のエッセンスであり、最高創造主がこの光(エネルギー)をグレート・セントラル・サンに向けて放射し、それを受けて宇宙の共同創造主がこのエネルギーを銀河系のひとつひとつに向けて放射しているとのこと。(『アセンションのためのワークブック』ロナ・ハーマン著より)

 

最高創造主のハートの核心から来る純粋な生命のエッセンスとは「愛」と言い換えても良いかもしれません。地上の戦いに傷つき、疲れ果て、本来の自己のエネルギーを失ってしまったとき、最高創造主からの「愛」のエネルギーをひたすら浴びることで、救済→修復→滋養、そして本来の自己のエネルギーが復活し、現実を動かしていくという流れが起こるのでしょう。

 

ワークの特徴として、銀河の中心から放射されるその粒子を受け取る前に必ず、男性性エネルギーと女性性エネルギーそれぞれの調整段階があります。

その二極のバランスがとれ融合し統合されると本来の自己(魂の自己)に注がれている銀河の中心、魂の根源からの光の粒子を受け取ることができるようです。

 

今のその方に必要な分の光の粒子が注がれ、ワークを受けるごとに少しずつ光の量が増えていき、本来の自己(魂の自己)に近づいていくことになります。

 

受け手の方にこのワークが必要だったのは、地上レベルの自己が二極のエネルギー・バランスを取り戻すための争いや葛藤を引き寄せ、そこにとらわれているうちにエネルギーを使い果たしてしまい、本来の自己(魂の自己)からの高いエネルギーを受け入れて地上で顕現することができなくなっていたためだと思われます。

 

 

 

 

 

【ワークの特徴】

 

  • 魂の自己として地上で生きていくために必要な二極性のバランス調整(男性性と女性性のバランス調整)や情報の整理が行われ、現在受け取ることができる分のエネルギー・チャージが行われます。

 

  • 主に第六・第七チャクラ(脳下垂体と松果体=男性性エネルギーと女性性エネルギーの融合、統合が行われる場所)に働きかけますが、チャクラ上部を開くという性質ではないため、グラウンディングが弱くなるということはなく、むしろ目が覚めるようなスッキリとした感覚や脳内が整理されるような感覚があります。

 

  • 内側の葛藤が少なくなっていき、やるべきことに集中できるようになります。

 

  • 魂の自己とつながりやすくなり、現在地上レベルで起きている問題に対して、高い意識に基づく行動がとれるようになるでしょう。

  

  • このワークのエネルギーは人によっては強めに感じるようですので、エネルギー・ワークを受け慣れている方や浄化の進んでいる方におすすめします。

 

 

 

 

【ワークのご感想】

Aさん

  • エネルギーは強めで、高い感じがした。
  • 持ち上がって、広がっていくような感覚がある。
  • エレベーターに乗って、上がって行くような感じ。
  • エネルギーの色は、アップルサイダー、シャンパンゴールドのような金色だった。
  • ワーク中に「リラ」を感じた。遠い故郷に帰るような感じがした。
  • 黄緑色の草原、川が流れている風景、美しい植物の形の建物群…などの風景を感じた。
  • 「リラ」=「原古」の時代のエネルギーを感じた。
  • 「リラ」と「シリウス」も感じた。
  • 「リラ」の女性、子供を抱いている女性の姿が見えた。
  • ワークが終わるときに、凝縮して固められるような感覚があった。

 

Bさん

  • オーラ層がチャージされた感じがした。
  • リラっぽい感じがした。
  • エネルギーが高く、心地よくて眠ってしまった。

 

Cさん

  • 何段階か上がって行く感じがした。
  • 見たことのない黄金色の光の差し方を感じた。
  • 源泉の(光の)粒子のようだった。
  • なつかしい感じの女神的な存在に、螺旋状に包まれて嬉しくなった。
  • ハートにあった要らないものを取ってもらった気がする。
  • 最後は凝縮するような感じがあった。

Dさん

  • オレンジゴールドの光を感じた。
  • 体感は涼しい感じ。
  • 熱くはないが、みなぎる光を感じた。
  • 3段階くらいの段階があるような気がした。
  • 白と青が混ざっているような光も感じた。

・・・・・・・・・・・・・

 

ご感想を頂き、ありがとうございました。

 

それぞれに「グレート・セントラル・サン」から呼び起こされる、魂の何らかの記憶を映像や光の色として体感されていたようです。

 

共通しているのは「リラ」ですね。皆さんワーク中に、懐かしい故郷、母性のようなもの、原始的なものを感じていたのが印象的です。

 

ワークができた当初「リラ」のことは浮かんでいませんでしたが、こうして皆さんに体験して頂きご感想を頂けると、なるほど、と気付くことがたくさんあります。頂いた感想を基にして新しい情報とつながっていき、ワークが更に進化していくことになるのでしょう。

 

 

★このワークを更に作って行くために、ご協力頂ける方がいらっしゃいましたら、ぜひ、お願いしたいと思いますので、ご連絡頂けると嬉しいです。モニター募集の用意ができましたらinformationでお知らせいたします。宜しくお願い致します。